ここから本文です

Superfly「ドクターX」で4作連続主題歌「これまでよりも明るくパワフルに」

音楽ナタリー 9/29(木) 10:00配信

10月13日(木)よりテレビ朝日系で放送されるドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」の主題歌として、Superflyが書き下ろしの新曲「99」を提供した。

「ドクターX ~外科医・大門未知子~」は2012年に第1シリーズが放送された、米倉涼子主演の医療ドラマ。米倉演じる天才フリーランス外科医、大門未知子の活躍が描かれる。今回放送される第4シリーズでは、西田敏行扮する彼女の天敵・蛭間重勝が率いる日本医療界の最高峰・東帝大学病院が舞台となる。

Superflyは「ドクターX」の主題歌を第1シリーズから手がけており、今回で4作連続の書き下ろし提供。今回の主題歌について越智志帆は「持ち前のしなやかさで、危機的状況から起死回生を図る大門未知子のギリギリ感を『99』という数字に込めて、これまでよりも明るくパワフルに歌いました」と語っており、主演の米倉も「頑張っている女性の応援歌であるこの曲のおかげで、私も『もうちょっと頑張ろう!』と思えました」と主題歌を絶賛している。なお、この曲は初回放送の10月13日よりiTunes Store、レコチョクなどで配信リリースされる。

テレビ朝日系「ドクターX ~外科医・大門未知子~」
2016年10月13日(木)21:00~21:54
※以降毎週木曜日21:00~21:54放送

Superfly 越智志帆 コメント
第1シリーズから主題歌を担当させていただいた「ドクターX ~外科医・大門未知子~」ですが、今作にも携わらせていただきとても光栄です。
持ち前のしなやかさで、危機的状況から起死回生を図る大門未知子のギリギリ感を「99」という数字に込めて、これまでよりも明るくパワフルに歌いました。
少し変態的でクセになるような、ポップでアッパーなロックにできたと思います。
ドラマ同様に楽しんで、爽快に感じていただけたらうれしいです。

米倉涼子 コメント
Superflyさんらしいノリノリのメロディーに、センシティブな歌詞が刻まれていて、すごく心が揺さぶられました。私自身もそうなのですが、「99」で描かれているような“ギリギリのところで頑張っている女性”は、世の中にたくさんいるはず。Superflyさんもその一人なんじゃないかな、と感じました。頑張る女性という点で、お互いにつながった感じがして、うれしいです!
頑張っている女性の応援歌であるこの曲のおかげで、私も「もうちょっと頑張ろう!」と思えました。きっと辛いときに聴いたら、よりグッとくるんじゃないかな。何回も聴いて練習して、私のカラオケ・ナンバーにぜひ入れたいです!

最終更新:9/29(木) 10:00

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]