ここから本文です

名将・栗山監督「北の国から2016伝説」実現!大谷に初賛辞「よく頑張った」

デイリースポーツ 9/29(木) 6:03配信

 「西武0-1日本ハム」(28日、西武プリンスドーム)

 胸に去来する万感の思いが涙となり、日本ハム・栗山英樹監督の目を潤ませた。選手、スタッフ全員と抱き合い、労をねぎらう。そして信じた選手たちの手に身を委ね、8度、宙を舞った。

 「感動しました。(選手が)すべての面で進化してくれた。その成長を見ているだけに、最後どうしても勝たせてあげたかった」

 その進化を一番に見せたのが大谷だ。栗山監督は投手・大谷の潜在能力を信じ、シーズン中も苦言を呈し続けた。だが、この日の試合前に「今日、大丈夫か?」と声を掛けた厚沢ベンチコーチに、大谷は「こんな最高の舞台を用意してくれてありがとうございます」と答えた。

 栗山監督は「そういう思いを持ってくれることがうれしい」と喜び、そして大一番での快投に「本当に感謝している。よく頑張った」と初めて投手・大谷に賛辞を贈った。

 「メークドラマ」を成し遂げた憧れの長嶋監督になぞり、今季の逆転劇を「北の国から2016伝説(誰もあきらめなかった)」と命名した指揮官。伝説は、4年前に逃した日本一で完結する。

最終更新:9/29(木) 7:33

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。