ここから本文です

日本ハム中田 男泣き「泣いちゃったね…」悔しさバネに歓喜の抱擁

デイリースポーツ 9/29(木) 6:03配信

 「西武0-1日本ハム」(28日、西武プリンスドーム)

 抱き合って喜ぶバッテリーにゆっくりと近づき、飛びついた。自然と涙があふれた。4年ぶりのリーグVに「泣いちゃったね」と照れ笑いを浮かべた日本ハム・中田翔外野手。この日は3度の得点機で倒れるなど、4打数無安打に終わったが「ストレス、プレッシャーが(優勝で)一気になくなった」と声を弾ませた。

 4年前は「のびのびやらせてもらった」と先輩に引っ張られての優勝。今季は4番として、屋台骨を支えた。だが、「ふがいなさ、悔しさを感じながらやった1年だった」と振り返る。成績に決して満足はしていない中で、プロ9年目でキャリアハイの110打点。主軸の役割を果たした。

 今年の目標を問われ「数字は一切、眼中にない」と言い切っていた。背景に開幕前の栗山監督の言葉があった。「タイトルはチームを優勝させることだ。清原はタイトルを獲ってないけど、優勝させた」。自らの立場を自覚した。「優勝しか考えてない」。言葉を結実させた。

 昨季、減量してシーズンに臨み、終盤で息切れした経験から、今季は「体を大きくして1年間、戦える体作りをしたい」と、ビルドアップした105キロで開幕。以降、健康管理には特に気を使うようになった。夏場には体の中の毒素を抜くべく、水素水生成ボトルを購入。自覚がもたらした行動だった。

 最大11・5差を逆転しての戴冠。「去年、あれだけボコボコにされた。そういうチームに勝ったことがうれしい」。胸にある悔しさをバネにしてきた。決戦に備えて丸刈り姿で挑んだ主砲の顔に笑顔が広がった。

最終更新:9/29(木) 7:27

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。