ここから本文です

サムスンのギャラクシーノート7 来月から販売再開=韓国

聯合ニュース 9/29(木) 11:00配信

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子は29日、最新スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」の販売を10月1日から再開すると発表した。同機はバッテリーの発火事故が起き、先月31日に供給が中止されていた。

 サムスン電子は今月に28日にテレビコマーシャルを再開。販売再開に合わせ新コマーシャルを公開する予定だ。

 10月中に購入した人には液晶修理費用を50%支援し、サムスン電子のモバイル決済サービスで使えるクーポン券も提供する。

 出荷価格は98万8900ウォン(約9万1000円)で変動はない。カラーバリエーションは従来の3色に、近くブラックオニキスが加わる見通しだ。

 サムスン電子はギャラクシーノート7の販売を一時中止した後、回収・無償交換を進めてきた。今月中に回収率を80%以上に引き上げたい考えだ。10月1日以降は全国のサービスセンターのデジタルプラザで交換を受け付ける。

最終更新:9/29(木) 11:14

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。