ここから本文です

<桐谷美玲>山崎賢人と初共演「ヒロイン失格」がテレビ初放送 「私の中で大事な作品」

まんたんウェブ 9/30(金) 9:00配信

 女優の桐谷美玲さんが主演した映画「ヒロイン失格」(英勉監督)が、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で30日にテレビ初放送される。今作は昨年9月に公開され、同年の「少女マンガ原作映画」部門でトップの興行成績を収めた大ヒット作。「私にとって大事な作品」と語る桐谷さんに、今作の見どころや撮影エピソードを聞いた。

【写真特集】まねしたい! 桐谷さんの秋の装い

 「ヒロイン失格」は、マンガ誌「別冊マーガレット」(集英社)で連載されていたマンガを実写映画化。桐谷さん演じる主人公・はとりは、幼なじみの寺坂利太(山崎賢人さん)が大好き。小学生のころから思い続け、いつかは結ばれるものと信じていたが、利太は同じクラスの地味な女子と付き合うことに。失意のはとりだったが、学校イチのモテ男・弘光廣祐(坂口健太郎さん)から強引なアプローチを受け、心が揺れる……というストーリー。

 ◇山崎賢人との初共演作「月9とは全然違う恋愛」

 今回、桐谷さんが演じたのは、山崎さんと坂口さん演じるイケメン2人の間で揺れる女子高生・はとり。山崎さんとは、7月期に放送された月9ドラマ「好きな人がいること」(フジテレビ系)でのラブストーリーも記憶に新しいが、「月9とは全然違う恋愛が描かれるので、また違った2人を楽しんでいただけたら。(高校生役の)ちょっと若い2人が見られます(笑い)。『なんか恋っていいな』と思っていただけたらうれしいですね」と語る。

 共演者含めて現場は和気あいあいだったという。山崎さんとの印象的なエピソードを聞くと、「『世界の中心で、愛をさけぶ』みたいなパロディーシーンがあるんですけど、なぜか空き時間に、そのシーンを2人で信じられないくらい練習していました。全編通して一番(笑い)。それをスタッフさんに撮ってもらった動画も残っているんですけど、真剣に演じていて面白いんですよね」と思い出し笑い。

 そんな関係性もあってか、「月9は『はじめまして』ではなかったので、すごく助かりました。月9の撮影中も、突然(山崎さんから)『はとり?』と呼ばれて、『利太!!』と返す、寸劇のようなことをやってふざけて遊んでいたりしました(笑い)」と、月9の舞台裏でも「ヒロイン失格」で培った仲のよさが生きていたようだ。

1/2ページ

最終更新:9/30(金) 9:00

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]