ここから本文です

岡田将生 実写化映画『ジョジョ』で虹村形兆役に。「今、精神を整えております(笑)」

エキサイトミュージック 9/29(木) 20:45配信

シリーズ117巻で累計売上9,000万部を記録しする大人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦 著・集英社 刊)が映画実写化されることが発表となった。19世紀末のイギリスを舞台にした第1部から始まる“ジョジョ”と呼ばれる“ジョースター一家”の代々の戦いを描く大河ストーリーから、今回は第4部『ダイヤモンドは砕けない』を、シリーズ化を見据えた体制で制作する。
(※画像14点)

【この記事の関連画像をもっと見る】

28日、都内で開かれた企画製作およびキャスト発表記者会見には、主演の東方仗助役の山崎賢人をはじめ、神木隆之介(広瀬康一 役)、小松菜奈(山岸由花子 役)、岡田将生(虹村形兆 役)、真剣佑(虹村億泰 役)、山田孝之(片桐安十郎 役)、伊勢谷友介(空条承太郎 役)の7人のキャストと、監督の三池崇史らが登壇。この大作に挑む意気込みなどを明かした。

岡田将生は、今作の出演に際して、「僕自身、原作ファンなので、まずは一生懸命に、大切に虹村形兆をやらせてもらおうと思っています。緊張もしていますが、楽しみでもあり、ファンの方が納得できるような作品にしたいです」と話した。

役づくりに関しては、現在は原作を読み返してもいるとのこと。また、「今回は悪役ですが、冷酷な部分はありつつ、信念のあるキャラクターでもあるので、このお二人(山崎と神木)と全力で戦えるように、今、精神を整えております(笑)」と、ユニークな受け答えで集まった記者や関係者を笑わせていた。

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は、監督の三池がイメージに合ったと言うスペインで撮影され、2017年夏に公開予定となっている。

最終更新:9/30(金) 20:30

エキサイトミュージック