ここから本文です

Superfly、米倉涼子主演ドラマの主題歌を書き下ろし。「主人公のギリギリ感を“99”という数字に込めました」

M-ON!Press(エムオンプレス) 9/29(木) 16:31配信

Superflyの書き下ろし新曲「99」が、10月13日スタートの米倉涼子主演ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(毎週木曜21時 テレビ朝日系)の主題歌に起用されることがわかった。

【詳細】「ドクターX~外科医・大門未知子~」予告映像はこちら

Superflyは、これまでも同ドラマの主題歌として、第一シリーズでは「Force」、第二シリーズでは「Bi-Li-Li Emotion」、第三シリーズでは「愛をからだに吹き込んで」を提供しており、今回の「99」で4作連続の書き下ろし曲提供となる。

ドラマの放送が始まる10月13日から、iTunes Store、レコチョクほかにて楽曲配信もスタート。

「ドクターX~外科医・大門未知子~」は、「いたしません」「私、失敗しないので」という名セリフでおなじみの、米倉涼子演じる天才外科医・大門未知子が、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む姿を描いた大ヒットドラマ。

今シリーズのために書き下ろされた新曲「99」は、大門未知子が持つ力強さを、Superflyらしいロックなサウンドとパワフルな歌声で表現した、ポップで爽快な楽曲に仕上がっている。

Superfly・越智志帆 コメント
第1シリーズから主題歌を担当させていただいた 「ドクターX ~外科医・大門未知子~」ですが、今作にも携わらせていただき、とても光栄です。
持ち前のしなやかさで、危機的状況から起死回生を図る大門未知子のギリギリ感を「99」という数字に込めて、これまでよりも明るくパワフルに歌いました。
少し変態的でクセになるような、ポップでアッパーなロックにできたと思います。
ドラマ同様に楽しんで、爽快に感じていただけたらうれしいです。

米倉涼子 コメント
Superflyさんらしいノリノリのメロディに、センシティブな歌詞が刻まれていて、すごく心が揺さぶられました。私自身もそうなのですが、「99」で描かれているような“ギリギリのところで頑張っている女性”は、世の中にたくさんいるはず。Superflyさんもそのひとりなんじゃないかな、と感じました。頑張る女性という点で、お互いに繋がった感じがして、うれしいです!
頑張っている女性の応援歌であるこの曲のおかげで、私も「もうちょっと頑張ろう!」と思えました。きっと辛いときに聴いたら、よりグッとくるんじゃないかな。何回も聴いて練習して、私のカラオケナンバーにぜひ入れたいです!

ドラマ情報
テレビ朝日系「ドクターX~外科医・大門未知子~」
10月13日より放送スタート/毎週木曜21:00~21:54
出演:米倉涼子、生瀬勝久、内田有紀、勝村政信、滝藤賢一、草刈民代、田中道子、岸部一徳、吉田鋼太郎、泉ピン子、西田敏行 ほか

リリース情報
2016.09.14 ON SALE
SINGLE「Good-bye」

「ドクターX~外科医・大門未知子~」番組サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/

Superfly OFFICIAL WEBSITE
http://www.superfly-web.com/

最終更新:9/29(木) 16:31

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]