ここから本文です

向井理×堤幸彦「RANMARU 神の舌を持つ男」市原隼人、落合モトキ、永瀬匡の新写真

映画ナタリー 9/29(木) 12:00配信

向井理が主演、堤幸彦が監督を務める「RANMARU 神の舌を持つ男~(中略)~鬼灯デスロード編」より、新たな場面写真が到着した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このたび公開されたのは、市原隼人、落合モトキ、永瀬匡が演じるキャラクターを捉えたもの。ウエスタンルックでポーズを決める市原は、鬼灯(ほおずき)村にある温泉旅館・菩辺美庵(ぼへみあん)の若旦那・野々村龍之介役を務める。若手刑事・ワカ役の落合は、顔と髪型が似ているということで“某ロックバンド”のボーカルを崇拝するというキャラ設定に変更された。また永瀬扮する卜真(うらないまこと)は、木村多江演じる村医者・りんと恋仲だと噂された揚げ句、死体で発見されるという役どころだ。

本作は、9月9日に最終回を迎えた連続ドラマ「神の舌を持つ男」の続編に当たる温泉ギャグミステリー。舌に乗せたものを検査機器並みの精密さで分析できる“絶対舌感”を持つ男・朝永蘭丸を向井が演じ、木村文乃、佐藤二朗、財前直見、黒谷友香らが共演に名を連ねた。

「RANMARU 神の舌を持つ男~(中略)~鬼灯デスロード編」は、12月3日に全国ロードショー。



(c)2016 RANMARUとゆかいな仲間たち

最終更新:9/29(木) 12:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]