ここから本文です

はるな愛 紀香披露宴・引き出物に感激「もっと包まないといけなかったな」

東スポWeb 9/29(木) 15:49配信

 おネエタレントのはるな愛(44)が29日、都内で行われたムック本「ゼクシィSPARK!」(リクルート)のPRトークイベントに出演した。

 前日に女優・藤原紀香(45)、歌舞伎役者・片岡愛之助(44)の披露宴に出席したはるなは「すごいすてきだった。私もあんな和装をしたい。芸者さんの古典芸から始まって盛り上がった。帰ってすぐに引き出物を開けて、ずっと欲しかった水素発生器(定価約8万円)が入っていたので、すぐにお風呂で使った。すごい汗が出てよかった。ダイエットにいいらしい。もっと包まないといけなかったな」と苦笑した。

 続けて「紀姉と愛之助さんが顔を見合わせて幸せそうな感じにしていた。いいなあと思った。大黒摩季さん(46)の歌もすごくよかった。紀姉は忙しそうだったので『おめでとう』とだけ伝えた」とうっとりした表情で振り返った。

 自身は21歳年下の一般男性と順調な交際を続けている。

「出雲大社にお参りに行った後に彼と出会った。私は年齢も年齢なので急ぎたい。結婚した~い!」と、フリフリのドレス姿で結婚への憧れを口にした。

 イベント出演は2日連続で、そのたびに紀香の披露宴についてのコメントを求められている。水素発生器と併せて“紀香バブル”の恩恵にあずかったようだ。

最終更新:9/29(木) 15:57

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]