ここから本文です

Facebook、Google、Microsoft、Amazon、IBMがAI(人工知能)団体設立

ITmedia ニュース 9/29(木) 11:24配信

 Facebook、Google、Google傘下のDeepMind、Microsoft、Amazon.com、IBMは9月28日(現地時間)、人工知能(AI)普及を目指す非営利団体「Partnership on Artificial Intelligence to Benefit People and Society(略称:Partnership on AI)」を立ち上げたと発表した。

立ち上げメンバー

 立ち上げメンバーは上記の6社で、今後企業や研究機関などに参加を呼び掛けていく。Facebook、Google、MicrosoftのCEOはそれぞれ、カンファレンスなどの折りに触れ、AIの重要性について語っている。IBMはWatsonなどで、Amazonは音声アシスタントのAlexaでAIを採用している。

 この団体の目的は2つ。1つはAIがいかに人類に貢献し、安全であるかを世に知らしめること。もう1つは、AIのベストプラクティスを共有し、この分野の研究機関(Advancement of Artificial IntelligenceやAllen Institute for Artificial Intelligenceなど)や専門家からのアドバイスを団体として受けることだ。

 AIについては、人間がAIに職を奪われるのではないか、AIが人間に危害を与えるのではないかといった懸念がある。また、機械学習に必要なビッグデータにかかわるプライバシー問題もある。こうした問題について共同で取り組んでいく。

 The Vergeによると、会長はMicrosoft Researchのテクニカルフェローであるエリック・ホーヴィッツ博士とDeepMindの共同創業者、ムスタファ・スレイマン氏が共同で務める。Siriなどで人工知能を採用しているAppleにも声はかけているが、参加は決まっていないという。

最終更新:9/29(木) 11:24

ITmedia ニュース