ここから本文です

ヤマハ発動機のマリンクラブ、会員数が2万人を突破…Sea-Style

レスポンス 9/29(木) 15:48配信

ヤマハ発動機は、同社が運営する会員制のマリンクラブ、ヤマハマリンクラブ「Sea-Style」が9月16日に会員数が2万人を突破したと発表した。

[関連写真]

「Sea-Style」は、ボートレジャー人口拡大を目指して2006年4月からサービスを開始した。同社のボート販売ネットワークを活用して、北海道から沖縄まで全国約140カ所と海外2カ所のホームマリーナでボートがレンタルできる会員制マリンクラブ。また、フィッシング、クルージング、マリンプレイなどの様々なニーズに対応するレンタル艇や、ホームマリーナの立地と季節に合わせた多彩な「海遊びメニュー」を設定している。

サービス開始以来、クラブ艇の拡充やスクールメニューの提供など、改善しており、今年7月にはWEB予約の検索機能を大幅にリニューアルし、会員が瞬時に全国、海外のクラブ艇の空き情報を検索できるようにした。この結果、7月単月の会員利用回数が2800回、前年同月比45%増と大きく伸びて、年間利用者は5万人を超える見通し。

同社は今後も、ボートレジャーの普及・振興を目指し、「Sea-Style」のプレミアム性、利便性向上による会員数と利用率の拡大を目指す方針。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/29(木) 15:48

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。