ここから本文です

NHK「あさイチ」“イノシシの刺身”は「保健所の勘違いで生食ダメ」 保健所は「説明うまく伝わらなかった」

ねとらぼ 9/29(木) 13:39配信

 9月29日、NHKの番組「あさイチ」担当者から“イノシシの刺身”について、ねとらぼからの質問に回答がありました。番組内で「イノシシの生食は保健所が申請を受け付けた店でだけ提供ができる」という発言があったことについて、八重山福祉保健所に再度確認したところ「先日の回答は勘違いで、生食はせず、加熱して食べるよう指導している」とのコメントを得たそうです。9月29日の「あさイチ」放送中にも、同じ説明がされました。

【差し替えられた“猪の刺身”写真】

 “イノシシの刺身”は、9月27日放送の同番組内で西表島の郷土料理として紹介されたもの。しかし、放送後から、「保健所が野生獣の生食を認めることはありえないのでは」との指摘が視聴者から相次ぎました。

 この件について、ねとらぼでは27日の時点でNHKに「八重山福祉保健所の『イノシシの生食は保健所が申請を受け付けた店でだけ提供ができる』という説明はどのようないきさつで得られたものだったのか」と質問を送付。2日後の29日に前述の回答を得ました。

 念のため八重山福祉保健所にも確認を取ったところ、「野生獣の生食はガイドラインで禁止されているが法的な罰則がないため、メニューとして提供される可能性がある。もし生で提供している店舗を見つけた場合は、指導を行っている。以上のような説明をNHKにしたが、説明不足や認識のズレなどがあったようだ」とコメント。保健所とNHKで双方の言い分に若干のズレは感じるものの、八重山福祉保健所はNHKが番組内で出したコメントについても把握していました。

 また、もう1点送っていた質問、「公式サイトの“イノシシの刺身”の写真が別のものに差し替えられたのはなぜなのか」については、「もともと載せる予定がなかったものを手違いで掲載したものだった」との回答でした。

最終更新:9/29(木) 14:52

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]