ここから本文です

【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、プロトタイプを公式発表

レスポンス 9/29(木) 16:02配信

ホンダは9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16において、次期『シビック タイプR』のプロトタイプ車を初公開した。

画像:次期ホンダ シビック タイプRのプロトタイプ車

同車は、同じくパリモーターショーで初公開された新型『シビック ハッチバック』(5ドアモデル)がベース。今回のプロトタイプモデルは、『シビック』ファミリーとして10代目シビックシリーズのセダン、クーペ、ハッチバックとともに開発。これらのグローバルモデルと共通のプラットフォームを使用した新型車となる。

外観は、現行シビック タイプRの特徴的なロー&ワイドなスタイリングを受け継ぎながら、さらにアグレッシブで精悍さが際立つデザインを追求した。

フロントは大開口のフロントバンパーや、ボンネット部にエアベント(空気排気口)などを採用。随所に空力性能を高める工夫を施す。リアバンパーにはディフューザーを装備。3本出しセンターマフラーを採用することで、独創的なデザインとした。足元には、新たに20インチアルミホイールを装着。パフォーマンスの向上に寄与する。

次期シビック タイプRは、2017年後半に欧州での発売を予定。生産は新型シビック ハッチバックとともに、英国のホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッドが担当。今後は欧州での販売のみならず、北米などへの輸出も計画している。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9/30(金) 12:18

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。