ここから本文です

「イカ娘」の安部真弘&「みつどもえ」の桜井のりお、週チャンでW新連載

コミックナタリー 9/29(木) 13:25配信

安部真弘の新連載「あつまれ!ふしぎ研究部」と、桜井のりおによる短期集中連載「ロロッロ!」が、本日9月29日発売の週刊少年チャンピオン44号(秋田書店)で始動した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「侵略!イカ娘」の安部による「あつまれ!ふしぎ研究部」は、2話同時掲載でスタート。やりたいことも特技もない高校生・五領大祐は、部活動を何にするかで悩んでいた。そんなときに大祐が倉庫と間違えて訪れたのが「ふしぎ研究部」の部室。その部員であるオカルト研究担当の二宮鈴、マジック研究担当の神田千晶、催眠術研究担当の大原ことねの3人は、「今週中に部員を増やさないと廃部になってしまう」と大祐に訴える。

「ロロッロ!」の主人公は中等部1年生の少女・森繁ちとせ。彼女は友達がずっといないことに悩んでいたが、それを見かねた父が突然、炉端イチカという女の子を連れてくる。「父が女の子を誘拐してきたのでは」と疑うちとせだが、話を聞こうとせず……。桜井は2006年から週刊少年チャンピオンで「みつどもえ」をスタートさせ、2012年からは別冊少年チャンピオン(秋田書店)に移籍して連載中。「ロロッロ!」は4年ぶりの本誌での連載となる。

また今号には、「刃牙」シリーズ25周年を記念し、板垣恵介原作による山内雪奈生「バキ外伝 疵面-スカーフェイス-」も掲載された。

最終更新:9/29(木) 13:25

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]