ここから本文です

Apple、検索広告を10月5日から米国のApp Storeで表示開始

ITmedia ニュース 9/29(木) 15:42配信

 米Appleは9月28日(現地時間)、6月に予告したApp Storeでの検索広告表示を10月5日から米国で開始すると発表した。

広告作成ツール

 Appleによると、アプリの65%はApp Storeでの検索の後にダウンロードされているという。検索結果に関連する広告を表示することで、ダウンロードの機会を高められるとしている。

 料金はCPT(タップされて初めて発生する)モデルで、価格はオークションで決まる。広告は、専用ページでSearch Adsアカウントでサインアップし、キャンペーン作成ツールを使って作成する。

 広告を出すアプリ開発者は期間限定(12月31日まで)で100ドル分のクレジットをもらえる。

 米国以外での広告の提供予定についてはまだ発表されていない。

最終更新:9/29(木) 15:42

ITmedia ニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革