ここから本文です

Amazon、「Fire TV Stick」を価格据え置きでグレードアップ

ITmedia ニュース 9/29(木) 15:43配信

 米Amazon.comは9月28日(現地時間)、スティック型セットトップボックス(STB)の「Fire TV Stick」を価格据え置きでアップグレードすると発表した。

予約ページ

 最も大きな新機能は、音声アシスタント機能「Alexa」への対応だ。米AppleのApple TVのSiri対応と同様に、音声でコンテンツを検索したり、番組の再生を命じたりすることができる。

 外見は現行製品と変わらないが、プロセッサをデュアルコアから4コアにグレードアップし、30%高速にしたという。また、Wi-Fiは802.11ac MIMOをサポートする。4Kはサポートしない。

 Amazonは同日、同端末の予約受け付けを開始した。10月20日に出荷を開始する。

 米Googleは10月4日の発表イベントで、Fire TVとFire Stick TVと競合する「Chromecast Ultra」を発表するとみられている。

最終更新:9/29(木) 15:43

ITmedia ニュース