ここから本文です

小林麻央、抗がん剤に話しかける「どうか癌を小さくして…」

デイリースポーツ 9/29(木) 12:21配信

 乳がん闘病中のフリーアナウンサー小林麻央が29日、ブログを更新し、抗がん剤投与についての苦しさ、辛さを明かしながらも、同じ薬で頑張っている他の患者を思い「苦しいのは私一人ではないんだ」と励まされた気持ちをつづった。

【写真】麗禾ちゃんはママ以上の美少女だった!海老蔵、家族4人で笑顔の記念写真

 ブログには初めての抗がん剤を投与する前に、同じく乳がんを患った母から「抗がん剤とお友達になるのよ」と言われたことを明かし「私なりに解釈して、薬に向かって話しかけることにしました」とつづった。

 それから麻央は抗がん剤を投与するときに「初めまして。どうか、私の癌を小さくして下さい。私はあなたに期待しています」と口に出して話しかけ、「怖く思えていた薬にも感謝がわいてきました」「この薬にも治験があって、たくさんの人の涙や苦しみ、悔しさ、喜び、勇気、努力があったから私はこの薬を今、こうして投与できるのだと思うと、本当に一人で闘うのではないなと思えました」と、当時の心境を明かした。

 だが、5回目の投与のときは、やはり相当辛かったようで「次回はどうにかしてこの薬から逃げたいと思いました」「ずっとポジティブは続きません」と正直な気持ちも吐露。

 そんなときに、麻央と同じ薬を投与して食事が取れなくなった患者がいることを知り「苦しいのは私だけではないんだ。また、そう思えたら、がんばろう!と力が湧きました」と、共に闘っている人たちがいることで自分も励まされていることを訴えていた。

最終更新:9/29(木) 12:48

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]