ここから本文です

宇部興産、車載向けリチウムイオン電池のセパレータの生産能力を増強

レスポンス 9/29(木) 16:48配信

宇部興産は、車載用リチウムイオン電池の需要増大に対応するため、堺工場(大阪府堺市)でのセパレータの製造増力を増強すると発表した。

今回の生産能力の増強計画は、堺工場に現在建設中の新規設備に続くもので、2018年4月に完工する予定。増強により、宇部ケミカル工場と堺工場での生産能力は合計2億5000万平方メートルとなる。

宇部興産では、1994年に宇部ケミカル工場(山口県宇部市)でセパレータの生産を開始し、リチウムイオン電池市場の伸張に応じて同地区で段階的に能力を増強してきた。2013年には新たに堺工場での生産を開始した。

リチウムイオン電池は、ハイブリッド自動車(HV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)、電気自動車(EV)などの車載用途で需要拡大が見込まれており、実需も立ち上がりつつある。

宇部興産のセパレータは、乾式製法が特徴で、既に車載用として多くの採用実績を持つ。また、2011年に設立した、日立マクセルとの合弁会社である宇部マクセル(京都府乙訓郡)では高機能塗布型セパレータを生産しており、トヨタ自動車の4代目プリウスのリチウムイオン電池にも採用されている。

宇部興産は、今年度からの中期経営計画でセパレータ事業を「積極拡大事業」と位置づけており、需要の伸びにタイムリーに対応し能力増強を図ることで、拡大基調にある車載用途での需要を取り込んでいく。2020年頃までには合計3億平方メートルに製造能力を段階的に引き上げていく予定。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/29(木) 16:48

レスポンス