ここから本文です

長身空手美女が頂点に ミス美しい20代コンテスト

デイリースポーツ 9/29(木) 13:46配信

 大手芸能事務所のオスカープロモーション主催「第1回ミス美しい20代コンテスト」の受賞者お披露目発表会が29日、都内で行われ、身長173センチ、空手2段で福岡大学3年生の是永瞳(21)がグランプリに輝いた。

 “長身空手美女”が第1回グランプリの栄光をつかんだ。白のドレス姿で美脚を披露しながら登場。女優の武井咲(22)から花束で祝福された是永は「緊張して頭が真っ白です。家族や空手を教えてくれた恩師など感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びを語った。

 是永は「空手道を続けています。大学はミスコンでグランプリをいただき、人に見られる仕事はすばらしいと思いました」とプロアマ問わず20~29歳の独身女性を対象にしたコンテストに応募。応募総数4万18通の難関を突破し、大学に続く“2冠”を達成した。

 グランプリにはオスカー所属、賞金200万円、映画出演、テレビドラマ出演、雑誌デビューが与えられる。出演作品はこれから決定していくといい、レッスンを積みながらデビューを目指す。オスカーといえば、5年間は恋愛禁止というルールが話題になるが、「(男性も)女性として見ます」と仕事一筋を誓う。将来的には「空手道が2020年東京五輪の種目に選ばれました。声援を伝えられる架け橋となるように、レポーターもやっていけたら」と女優やモデルに加え、五輪と関わることも見据えた。

 発表会には武井や剛力彩芽(24)、モデルの河北麻友子(24)が出席した。武井は「とってもきれいです。みなさん美しくて圧倒されました。個性を生かして頑張って欲しい」とエール。剛力は「楽しんで欲しい」、バラエティーでも活躍する河北は「こんな感じでも仕事ができているので安心して欲しい」と声をかけていた。

 準グランプリは中谷モニカ(23)、奥山かずさ(22)、モデル賞は西本有希(23)、審査員特別賞は宮本茉由(21)が受賞した。オスカー主催「全日本国民的美少女コンテスト」に続き、「ミス美しい20代コンテスト」も継続開催していく。

最終更新:9/29(木) 14:07

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]