ここから本文です

Mac使いのNAS初心者に何の説明もなくNASキットを送りつけた結果(アプリ編)

ITmedia PC USER 9/29(木) 16:25配信

 今からおよそ3カ月前、SynologyのNAS「DS216j」を編集部から送りつけられたMac使いの筆者。これまでiPhoneやMacのデータはiCloudなどのクラウドストレージに保存しており、正直「NASって何それおいしいの?」状態でした。

【なぜか再生できない】

 しかし前回DS216jを自力で設定したところ想像以上に簡単で、「これなら私でも使いこなせそう!」とハッピーエンドで記事を締めくくってから3カ月。NAS初心者だった筆者はNASキットを使いこなせているのでしょうか。結論からいうと、う、うーん、初心者にはちょっと厳しくね? というのが正直な印象です。 いったい何があったのか……。

●iPhoneやApple TVからNAS内のコンテンツを再生できる!

 前回までは、NASのOSをインストール・設定後、WebブラウザからファイルをNASに追加して、ネットワーク内でデータ共有ができるようにする第1段階までをクリアしました。ここまでは数ステップでほんとんど迷わずできたので、なんだNASって意外と簡単じゃんとあなどっていたのです。

 そして次は第2段階。別のモバイル端末と連係させ、NAS内のファイルをどこでも見られるように設定します。SynologyはiOS対応アプリを用意しており、動画管理用の「DS Video」、音楽管理用の「DS audio」、写真管理用の「DS photo」などコンテンツによってアプリを使い分けます。

 まずは設定編で追加した画像をiPhoneから見るため、App Storeから「DS photo」をダウンロードしました。設定時に登録したQuickConnect IDでログインすると、画像を無事発見! 他ストレージサービスでの連係方法と同じだったので、特に違和感もなくスムーズに完了です。いいねNAS、楽勝だね!(フラグ)

●動画を保存したけど見つからない!? 悪戦苦闘の道のり

 ここまでは順調ですが、あくまでテスト段階。私が本当に保存したいのはビデオなのです。ファイル形式にもよりますが、映画ともなると1本2GBなんてザラ。姉が撮影した甥姪のホームビデオも、ダラダラ撮りのせいで1イベントごとに1時間超えです。iPhoneやiPadに保存しようものなら、あっという間に容量不足に陥ります。

 そこで全部NASに突っ込めば、端末のストレージを圧迫することなくビデオを楽しめるはず。動画管理用アプリ「DS video」はApple TV版も用意されており、ビデオを直接テレビにストリームできます。これなら大量の思い出のビデオも家族でワイワイ見られそう。

 さっそく数十秒のビデオをMacのWebブラウザからNASに保存してみたところ、問題が発生。Macからはファイルを確認できるのに、なぜかiPhoneやApple TVのアプリだとファイル自体が表示されません。うっ、イヤな予感……。

 とりあえず問題を仮定して、解決法を試してみることにしました。

仮定1.アプリが最新の状態じゃない?

 もしかしたら単に同期し損ねているのかもしれません。Apple TV用アプリには更新ボタンがありますが、時間を置いて何度か試したものの結果は変わらず。

仮定2.ファイル形式が非対応?

 公式サイトのQ&Aページによると、Apple TVとiOSはMP4およびMKVが対応しているもよう(MP4は元のビデオ、MKVはビデオのオーディオコーデックをコード変換するリミックスビデオとして視聴可)。そこでMP4のビデオを入れてみたものの状況は改善されず、不穏な空気が漂い始めます。

仮定3.保存場所が違う?

 動画や写真は好きなフォルダにポイポイ放り込んでいいわけではなく、それぞれ対応するフォルダに保存する必要があります。しかし参考記事を見ながら確認しても、ビデオはちゃんとデフォルトの「/video」に保存済み。写真は「/photo」に保存してDS photoアプリから確認できるだけに、謎は深まるばかりです。

仮定4.アプリに問題がある?

 他にもNASとMacを再起動してみたり、アプリやOSを再インストールしてみたりと、試行錯誤すること3時間。公式のヘルプページを探しても問題解決ページにたどり着けず、サイト内をさまようばかりです。

 全然うまくいかないのでだんだん腹が立ってきました。もしかしてアプリ自体に不具合があるのかも!! そこで別のMacからログインしてみましたが、相変わらずファイルは表示されず。

 こうなったらサポートセンターに問い合わせるしかありません。これだけがんばったから……もういいよね……?

●サポートセンターに電話してみるもまさかの事態に

 Synology公式サイトの「ナレッジベース」から「サポートを受ける」を選択すると、問い合わせフォームが表示されます。言語を日本語に変更して、よーしパパ問い合わせちゃうぞ~と入力し始めたところ、ある事実に気づきました。

 まさかの英語or中国語指定。台湾の企業だから仕方ないのか!? えっでも日本でも人気らしいのにナンデ?? 私の英語力じゃ「まい、なす、だずんとわーく」くらいしか言えない。そもそも動作自体はしているし。

 お手上げ状態なので電話での問い合わせ先を探しますが、試練はまだ終わりません。電話番号が書かれたページが見つからないのです。ようやく見つけたものの(※ここにリンク張りたいのですが再び見つけられませんでした。どこ行ったまじで)、番号がどう見ても国内のものではなくイヤな予感。

 勇気を出してかけてみると案の定国際電話でした。「日本語のできる方はいますか」とお願いしたところ、話せる人に代わるということに。よかった!

 安心したのもつかの間、代わった人もカタコトの日本語しか話せないようで、「ンー、ソーリーワカラナイ」と返されます。そこで英語で伝えようとがんばるものの、「オウ、アー、Macでは確認できるー、バット、DS video あっぷでビデオがキャントウォッチ」とルー大柴先生のような口調に。日本語でも説明するのが難しいのに、英語で、しかも電話口でスラスラ状況を説明できるわけもなく、あきらめて「自分でなんとかする」と電話を切りました。なんだこのやりとり。

 ただでさえ初心者にはハードルの高いNAS。電話を切ってぐったりした私は、「日本語でのサポートが受けられるメーカーがいい……」と心の底から思いました。

●たったこれだけ!? 3カ月を経て問題が解決

 この一件で私とNASとの距離が大きく開いてしまい、DS216jはただのオブジェと化してしまっていました。編集部も何を思って送りつけてきたのか理解に苦しみます。ただ、一つだけいいことがあるとすれば、気分が落ち込んでいるときでも、部屋に鎮座するDS216jが視界に入ると“ルー大柴風会話”が脳内再生されて思わず笑ってしまうことくらいでしょうか。

 ただ、事態は急展開を迎えます。かなり時間が経った後にもう一度問題と向き合ってみようと公式サイトをウロウロしていると、なんと問題解決のページを発見!

・「Video Station でビデオを整理、再生する」

 Video Stationとは最初の接続設定でインストールした「推奨パッケージ」の一つで、ビデオファイルを管理するためのツールです。ライブラリを分類して見たいビデオを簡単に探せるようにしたり、ビデオを共有したりと便利な機能を備えています。

 原因はまさしくVideo Stationにありました。ヘルプページによると、NASのデフォルトの「/video」フォルダにビデオを保存するだけではダメで、Video Station側で見たいビデオの入っているフォルダを追加しなければいけないのです。今回はデフォルトの「/video」を選択し、ファイルを保管します。

 Video Stationでフォルダを追加し、DS videoアプリを立ち上げてみると……やったあああビデオが表示された!!!!!! ようやく!! 苦節3カ月!!

 って操作たったこれだけかよ! Photo StationとDS photoではこんな追加の操作いらなかったじゃん! そもそもヘルプページが分かりづらいんだよ! 階層が「ヘルプ>DSMを始める>ホームシアターの設定」ってなんだよ! 説明読めばすぐに分かったよ! 私のせいじゃないもんってNASのせいにしてごめんなさいそしてありがとう!!

 安堵と脱力、そして逆ギレ。私とNASさんの100日戦争は、無事に(?)幕を閉じたのでした。

●結論:周囲に詳しい人がいれば頼もしいNAS

 おかげさまで「NASにビデオを保存して、他の端末から視聴する」本来の目的は達成しました。が、しばらくは今まで通りクラウドストレージで我慢しようと思います。Dropbox Pro(1TB)に月1200円、iCloud(50GB)に月130円かかっていますが、価格より運用のしやすさ、気楽さを取るということで。

 一度ドツボにはまると、簡単なことさえ気づけないことに気づきましたもの。知識は金であること、そして自分のうかつさをしみじみ感じた3カ月でした。NASにかぎらず、初心者にはサポートが充実しているメーカーがイチバンですね。“情弱商法”とか言わないで。

 一方、自力で問題解決できるスキルの高いユーザーや、ネットワーク回りが好きなIT中級者以上には最適な1台になるはずです。macOS、iOSとtvOSに対応しているので、Apple製品が好きなユーザーでも不便なく使えます。もしくは周囲に詳しい人がいれば、NASに挑戦してみてもいいのではないでしょうか。しかし頼り過ぎは禁物。あくまで自力解決が基本で、どうしても分からないときにに頼ってみるくらいの気持ちでどうぞ。

最終更新:9/29(木) 16:25

ITmedia PC USER

なぜ今? 首相主導の働き方改革