ここから本文です

新型「シビック TYPE R」は2017年後半発売、ハッチバックをベースに開発

MONOist 9/29(木) 17:05配信

 ホンダは2016年9月29日(欧州時間)、「パリモーターショー2016」(プレスデー:9月29~30日、一般公開日:10月1~16日)において、欧州で2017年初に発売する新型「シビック ハッチバック」と、同年後半発売予定の新型「シビック TYPE R」のプロトタイプモデルを初公開した。既に北米などで販売されている「シビック セダン」や「シビック クーペ」などの10代目「シビックシリーズ」と共通のプラットフォームを用いた新型車となる。

【現行モデルの「シビック TYPE R」との比較などその他の画像】

 新型シビック ハッチバックの外形寸法は全長4497×全幅1800×全高1421mmで、ホイールベースは2700mm。現行モデルが、全長4285×全幅1770×全高1472mm、ホイールベースは2605mmなので、全長が112mm、全幅が30mm、ホイールベースが95mm増えた一方で、全高は51mm下がった。これまで欧州向けのシビックは、北米向けよりも小さなプラットフォームを使った開発していたが、今回の全面改良からはプラットフォームが共通になるためだ。

 パワートレインは、排気量1.0l(リットル)と同1.5lの直噴ターボエンジン「VTEC TURBO」に6速MTとCVT(無段変速機)を組み合わせる。2017年初の発売後に、排気量1.6lのディーゼルエンジンも加わる予定だ。

●新型「シビック TYPE R」は“独創的”な3本テールパイプ

 新型シビック TYPE Rは、この新型シビック ハッチバックをベースに開発される。現行モデルは、外形寸法が全長4390×全幅1880×全高1460mmで、ホイールベースが2600mmだが、大型化することになりそうだ。

 フロントは大開口のフロントバンパーやボンネット部にエアベント(空気排気口)などを採用し、随所に空力性能を高める工夫を施している。サイドスカートとリアバンパーのディフューザーは炭素繊維強化樹脂(CFFP)製だ。新たに20インチアルミホイールも装備した。

 テールパイプは3本。これらのうち中央のテールパイプだけ小径かつメタリックレッドに仕上げており、独創的なデザインに仕上がっている。

 パワートレインについては、現行モデルと同じ排気量2.0lのVTEC TURBOになるとみられる。ただしエンジン性能は、車両サイズの大型化に合わせて、現在の最高出力228kW(310ps)よりも強化する必要がありそうだ。

最終更新:9/29(木) 17:05

MONOist