ここから本文です

テントさん通夜 師匠・上岡龍太郎さんが悲痛コメント「そっとしておいて」

東スポWeb 9/29(木) 21:37配信

 27日に大阪市内で交通事故に遭って亡くなった漫談家のテントさん(65=本名・三浦得生)の通夜が29日、大阪・八尾市の斎場でしめやかに営まれた。

 テントさんの才能を高く評価していた師匠で元タレントの上岡龍太郎さん(74)も弔問に訪れ、30分ほど弟子との対面を果たした。上岡さんはコメントを求める報道陣に囲まれたが、言葉を発することなく、自ら車を運転して斎場を後にした。

 その後、上岡さんは映像の二次使用を管理委託している米朝事務所関係者を通じてコメントを発表。「あまりに突然の衝撃的な出来事で茫然自失です。さすがの私も言葉がございません。最愛の弟子を亡くした気持ちをくみ取って、そっとしておいて下さい」と悲痛な声を伝えた。

 一方、桂ざこば(69)は弔問後、取材に応じ「彼はとても奇才というか。真面目なんだけど変わっている。惜しい人を亡くしました」としのんだ。

 またオール巨人(64)は「非常に残念です。彼はアマチュアの時からの知り合いで、モノマネがうまかった。『僕はこれでやっていくねん』とブレないところがあって、上岡先生も『ちょっと早かったかな』と言ってたように本当に不思議な芸風だった。年齢も一緒で友達感覚があった。そのうち行くから待ってくれよ、と手を合わせてきました」と故人を悼んだ。

最終更新:9/29(木) 21:37

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]