ここから本文です

パロット、垂直離着陸から水平飛行が可能な新型ドローン『パロット・スイング』を発表

レスポンス 9/29(木) 20:30配信

ミニドローンの開発・販売を手がける仏Parrot社(パロット)は9月29日、新感覚のドローン『Parrot Swing』(パロット・スイング)の日本導入を発表した。価格は1万7000円(税別)で10月発売予定。

[関連写真]

パロットスイングは、垂直離着陸、上下、水平移動、旋回操作に加えて、機体を横に向けての水平飛行にも対応。これまでのドローンの基本動作に新たなモーションが加わり、ヘリコプターの操作と同時に航空機のようなスピーディな飛行操作も楽しむことができるようになった。

基本操作は簡単で、離着陸はコントローラーのボタンを押せばドローンが自動的に行ってくれる。3軸の加速度計と3軸のジャイロスコープによって機体のバランスが保たれ、コントローラーのジョイスティックやボタンを操作するだけで、様々なアクロバット飛行が可能だ。機体にはさらに小型カメラと1GBのフラッシュメモリを搭載し、VGA(480×640)、30万ピクセルのスナップショットを撮ることもできる。

またコントローラーは同梱で、Blutooth Low Energyで機体と接続され、約60mの範囲で安定した通信接続が保たれる。ちなみにこのコントローラーはスマートフォンホルダーが備わり、専用アプリ『FreeFright mini』をダウンロードして、さらに緻密な操作を楽しむことも可能。コントローラーのジョイスティックとボタンも、割り当てる操作を好みに応じて変更できる。

今回の発表に合わせて来日したJPAC地域担当バイス・プレジデント兼マネージングディレクターのクリス・ロバーツ氏は「パロット・スイングは、ミニドローンで遊ぶという体験をより豊かなものにする。プロペラと固定翼を組み合わせることで、操作の楽しさは倍増している」と自信を語った。

《レスポンス 阿部哲也》

最終更新:9/29(木) 22:04

レスポンス