ここから本文です

標高約6250m、ヒマラヤ最難関の登頂ルートとは?記録映画「MERU」特報

映画ナタリー 9/29(木) 18:00配信

2015年のサンダンス映画祭で観客賞を受賞した山岳ドキュメンタリー「MERU/メルー」の特報がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、ヒマラヤ・メルー峰登頂に挑んだ3人の男たちの姿を追う記録映画。3人のうちの1人である山岳カメラマンのジミー・チンと、その妻エリザベス・C・バサヒリィが監督を務めた。

特報では、標高約6250mで“シャークスフィン(サメの背びれ)”と呼ばれるメルー中央峰の登頂ルートが明らかに。またあわせて公開されたポスタービジュアルはクライマーの姿が捉えられたもので、「理由がないから、夢がある。」とコピーが添えられている。

「MERU/メルー」は12月31日より東京・新宿ピカデリーほか全国にて順次公開。



(c)2015 Meru Films LLC All Rights Reserved.

最終更新:9/29(木) 18:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]