ここから本文です

パロット、新型ドローンの『パロット・マンボ』は遊び心たくさん

レスポンス 9/29(木) 22:04配信

ミニドローンの開発・販売を手がける仏Parrot社(パロット)は9月29日、新型ミニドローンの『Parrot MAMBO』(パロット・マンボ)の日本導入を発表した。価格は1万5000円(税別)で10月の発売予定。

[関連写真]

パロット・マンボは、コンパクトで約63gの超軽量ミニドローンだ。上下や左右旋回、フリップのほか、そのコンパクトさを生かした最大29km/hのスピーディかつ俊敏な水平移動が可能。3軸加速度計と3軸ジャイロスコープによってもたらされる抜群の飛行安定性も自慢だ。

そして同品には、ドローンの遊びをさらに楽しくする2つのアタッチメントが付属しているのが特徴。「グラバー」は最大4gの物体を挟んで移動することができ、例えば角砂糖を掴んでコーヒーに落としたり、飴を家族や友人に運んだりといったことも可能。

対して「キャノン」は、小さなボールを発射することができ、積み重ねた紙コップの山に狙いを定め、球を当てて崩すといったゲーム感覚の遊びをすることもできる。これらの操作はスマートフォン専用アプリ『FreeFright Mini』もしくは、別売の専用コントローラー『Parorot Flypad』(パロット・フライパッド:税別5000円)から行える。

さらに機体にはVGA(480×640)、30万ピクセルの小型カメラも搭載しているため、簡単な空撮を楽しめるのも面白い。これらの楽しい機能と生き物のようなデザインとが相まって、まるでペットと戯れるように遊び心がくすぐられる。

発表に出席したパロット社のJPAC地域担当バイス・プレジデント兼マネージングディレクター、クリス・ロバーツ氏は「コンパクトで軽量なパロット・マンボは、遊び心を刺激するドローンとしては究極的な存在だと自負している。初心者からエキスパートまで幅広い方に、このミニドローンでの冒険を楽しんでいただきたい」と述べた。

《レスポンス 阿部哲也》

最終更新:9/29(木) 22:04

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。