ここから本文です

JR関内駅が電光掲示板でDeNA三浦選手にメッセージ 「ハマの“永遠”番長、25年間おつかれさま」

ねとらぼ 9/29(木) 20:20配信

 “ハマの番長”こと、横浜DeNAベイスターズ・三浦大輔選手の引退試合に合わせ、JR関内駅は9月29日、駅構内の電光掲示板で「25年間おつかれさまでした」と最後のエールを送りました。三浦選手は今月20日に引退を表明、この日が最後の試合となります。

【関内駅は期間限定で「永遠番長」仕様に】

 関内駅はDeNAベイスターズの本拠地・横浜スタジアムの最寄り駅の1つ。電光掲示板に流れたメッセージは「ハマの“永遠”番長、25年間おつかれさま、そして、ありがとう」というもので、Twitterでは電光掲示板を見た人から「粋な計らい過ぎる」「感動する!!」といった感想が数多く投稿されました。

 これ以外にも、横浜市営地下鉄関内駅では「永遠番長特別仕様」として、期間限定で三浦選手のラッピングを実施中。25年にわたって現役を貫いた“ハマの番長”に、各方面からエールが寄せられています。

最終更新:9/29(木) 20:20

ねとらぼ