ここから本文です

広島、菊池の適時内野安打で反撃 勝てば全球団に勝ち越し

デイリースポーツ 9/29(木) 19:36配信

 「巨人-広島」(29日、東京ドーム)

 広島が2点ビハインドの六回、菊池の遊撃内野安打で1点を返した。

 先頭の会沢が右前打で出塁。福井がきっちり犠打を決めて、この日初めて二塁に走者を置いた。続く田中が右前打一、三塁と好機を拡大。菊池に打席が回った。すでに最多安打のタイトルを、ほぼ手中に抑えている2番は初球、外角のチェンジアップを狙った。遊撃前に高く弾んだ打球。菊池は俊足を飛ばし、頭から一塁に飛び込んで内野安打を奪った。

 今季、巨人との対戦成績は12勝12敗。敵地最終戦に勝てば、セ全球団に勝ち越して完全優勝が決まる。なかなか田口攻略の糸口がつかめない中。菊池が気迫の一打で反撃した。

最終更新:9/29(木) 19:43

デイリースポーツ