ここから本文です

DeNA“番長”三浦 ラスト登板は10失点 25年間の現役生活にピリオド

デイリースポーツ 9/29(木) 20:35配信

 「DeNA6-11ヤクルト」(29日、横浜スタジアム)

 DeNAの三浦大輔投手(42)が今季のチーム最終戦で先発し、6回1/3を12安打、10失点で降板。プロ野球新記録の24年連続勝利はならなかった。

【写真】番長ラスト登板!敬愛する矢沢永吉から“サプライズ”ビデオメッセージも

 六回を投げ終えて10失点も、七回のマウンドへと向かった。初回に1点、二回に3点、四回に3点を許すと、1点ビハインドの六回には4安打で3失点を喫し、4点差を付けられた。六回は三浦からの打席で当然、代打が送られると思われたが、三浦は目を真っ赤にしたまま打席に入り、「ミウラ」コールが鳴り響く中、中飛に倒れた。

 そして、七回最初の打者、雄平を渾身(こんしん)の137キロストレートで空振り三振に仕留めると、マウンドに背番号18のユニホームを着用して試合に臨んだナインが集まり、涙を見せながら三浦と抱き合った。

 横浜大洋ホエールズ時代から横浜一筋の“番長”のラスト登板は119球を投げ、8三振も、12安打10失点。

 三浦は「25年間、ご声援どうもありがとうございました。最後、監督はじめ皆さんに配慮していただき、7回表のマウンドに立たせいていただき、本当に感謝しています。期待に応えることができず申し訳ありませんでした。ファンの皆さんにはマウンドに上がる度、打席に入る度大きな声援を送っていただき本当にありがたかったです」と、25年間の現役生活に別れを告げた。

最終更新:9/30(金) 9:43

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革