ここから本文です

丸尾末広「笑う吸血鬼」が月蝕歌劇団により舞台化、犬神博士も登場

コミックナタリー 9/29(木) 22:28配信

丸尾末広「笑う吸血鬼」が月蝕歌劇団によって舞台化されることが決定した。11月17日から20日まで、東京・千本桜ホールにて上演される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「笑う吸血鬼」は謎の女・“駱駝女”から「永遠の命をあげよう」と言われ、吸血鬼となった14歳の美少年・毛利耿之助の憂鬱と悲しみを描くホラー。1998年からヤングチャンピオン(秋田書店)にて連載され、9月26日に復刻版が発売されたばかり。舞台版では、丸尾の「犬神博士」に登場する犬神博士もストーリーに絡んでくるという。

また月蝕歌劇団は、同会場にて11月22日から25日まで「月蝕版・ベルサイユのばら『G線上のアリア』―フランス革命異聞―」を上演。こちらは臨終の際に若返り女子高生となった老女・まつが、2人の女子高生とともにフランス革命前夜の世界に飛び込むというストーリーだ。

月蝕歌劇団 聖同盟公演「笑う吸血鬼」
日程:2016年11月17日(木)~20日(日)
会場:千本桜ホール

原作:丸尾末広「笑う吸血鬼」「犬神博士」
脚本・演出:高取英
出演:倉敷あみ、三上ナミ、若松真夢、柴奏花、江花実里、高畑亜実、百津美玲(18・19日のみ)、珠希流夏(17・20日のみ)、佐々木玄哉、中村ナツ子、免出悠希、熊井佐那子、山本祥真、松本弥玖、大澤美咲、間三助、絹彦、Marie Horn、はるのうらこ ほか

月蝕歌劇団 幻同盟公演「月蝕版・ベルサイユのばら『G線上のアリア』―フランス革命異聞―」
日程:2016年11月22日(火)~25日(金)
会場:千本桜ホール

作・演出:高取英
出演:倉敷あみ、白川沙夜、小椋麗華、三上ナミ、岬花音菜、松田千沙采、間三助、佐々木玄哉、くらもとさちほ、中村ナツ子、免出悠希、内田澪、川本知樹、熊井佐那子、山本祥真、松本弥玖、大澤美咲、はるのうらこ、吉持友佳梨、杏きな子、宮木宏之、藤原さえ、竹内緑郎(朝倉薫) ほか

最終更新:9/29(木) 22:28

コミックナタリー

なぜ今? 首相主導の働き方改革