ここから本文です

【F1】ピレリ、日本GPのタイヤ選択を発表

ISM 9/29(木) 16:32配信

 F1タイヤサプライヤーのピレリは、日本GPに向けて各ドライバーが選択したタイヤコンパウンドを発表した。鈴鹿サーキットでのレースでは、ハード、ミディアム、ソフトタイヤが使用される。

 全てのドライバーがソフトタイヤを多めに選択し、フェラーリが最多の9セット。メルセデスとザウバーが8セット、最小はレッドブルとマノーの6セットとなっている。

 ミディアムタイヤについては、セバスチャン・ヴェッテルが1セットしか選択せず、フェリペ・マッサ、エステバン・グティエレス、マノーの両ドライバーは最多の4セット。ハードタイヤに関しては2~4セットの範囲となった。

 各ドライバーのタイヤ選択は以下のとおり。(情報提供:GP Update)


ハード / ミディアム / ソフト
ハミルトン : 3 / 2 / 8
ロズベルグ : 2 / 3 / 8
ヴェッテル : 3 / 1 / 9
ライコネン : 2 / 2 / 9
マッサ : 2 / 4 / 7
ボタス : 3 / 3 / 7
リチャルド : 4 / 3 / 6
フェルスタッペン : 4 / 3 / 6
ヒュルケンベルグ : 4 / 2 / 7
ペレス : 4 / 2 / 7
マグヌッセン : 4 / 2 / 7
パーマー : 3 / 3 / 7
クビアト : 4 / 2 / 7
サインツ : 3 / 3 / 7
エリクソン : 2 / 3 / 8
ナスル : 2 / 3 / 8
アロンソ : 3 / 3 / 7
バトン : 3 / 3 / 7
ウェーレイン : 3 / 4 / 6
ハリアント : 3 / 4 / 6
グロージャン : 3 / 3 / 7
グティエレス : 2 / 4 / 7

最終更新:9/29(木) 16:32

ISM