ここから本文です

DeNA最終戦黒星で勝率5割ならず “番長”三浦は10失点で現役生活に終止符

デイリースポーツ 9/29(木) 21:36配信

 「DeNA6-11ヤクルト」(29日、横浜スタジアム)

 DeNAの三浦大輔投手(42)が今季のチーム最終戦に先発し、6回1/3を12安打、10失点で降板。今季3敗目を喫し、25年間の現役生活にピリオドを打った。

【写真】梶谷もロペスも…みんな「18」ユニホームで“レジェンド”に敬意

 序盤からヤクルト打線につかまった。初回に1点を失うと、二回には19歳の新人広岡にプロ初打席初本塁打となる1号3ランを献上。四回には川端の適時二塁打などで逆転を許した。さらに六回、代打三輪の適時打と山田の2点二塁打で突き放された。

 DeNA打線も二回、ロペスの2ランなど5点を奪い、一時は2点のリードを奪ったが、引退試合の三浦が結局、6回1/3を12安打10失点と踏ん張れず。プロ野球新記録の24年連続勝利はならなかった。

 勝率5割が懸かっていたDeNAは借金2でシーズンを終えた。

最終更新:9/29(木) 21:40

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]