ここから本文です

新田恵利と国生さゆり 不仲めぐりバトル 新田「いじめた」国生「人望がない」

デイリースポーツ 9/29(木) 22:09配信

 1980年代後半に人気を誇ったアイドルグループ「おニャン子クラブ」のメンバーだった新田恵利(48)と国生さゆり(49)が29日、日本テレビ系の「ダウンタウンDX」に出演し、不仲の原因をめぐってお互いに激しいバトルを繰り広げた。

【写真】新田恵利が告白…1億円ヘアヌード依頼あった

 MCのダウンタウンから不仲について聞かれた国生は「正直、あんまり仲良くないです」とあっさり認めた。隣にいた新田も笑った。国生は新田を「すごいうらやましかった」と嫉妬心があったことを告白。ヒット曲「真っ赤な自転車」で新田がソロデビューをする話があったというが、新田は「わたし、今デビューすると、みんなからうらまれる」という理由で蹴ったことを暴露。国生は、バックメンバーとしては非常に驚いたことを明かした。

 国生はまた、「全員で写真を撮る時も恵利ちゃんの場所をあけて待って。恵利ちゃん待ちがあった」と思い起こした。新田は「前の仕事が押してるから!」と理由を説明し、「わたし、何にもしてないのにさゆりちゃんがみんなでいじめたんじゃんか!」と応酬を始めた。「真っ赤な自転車」で新田がソロを歌う時に他のメンバーがコーラスをしてくれなかったことをあげた。

 国生は「あたしのせいじゃなくて恵利ちゃんに人望がなかっただけ!」とぶった切り、共演者は「怖い」と驚いていた。

最終更新:9/29(木) 22:17

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]