ここから本文です

陣内孝則 嫌いな俳優は織田裕二 「今は大好き」だけど初対面の印象悪過ぎ

デイリースポーツ 9/29(木) 22:29配信

 俳優の陣内孝則(58)が29日、日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演し、「嫌いな俳優は?」との質問に織田裕二(48)の名前をあげた。今は大好きだという。

【写真】“織田節”さく裂「あ~、じゃま、じゃま、じゃま、じゃま!」

 質問がふられたとき、陣内は「おそらく聞きたいのは織田裕二くんのことだと思うんですけど」と自ら名前をあげた。松本人志も浜田雅功も手をふってあわて、共演者は一様に驚いた。

 陣内は「今は織田くん大好きです。初対面の印象があまりにも悪かったんです」と話した。随分前のこととして、「向こうからサングラスかけた織田くんらしき人が歩いてきたんです。よけてくれると思った。向こうの方が若いし」と陣内。しかし、織田はまったくよけず、お互いに鼻先まで接するほどになったという。

 織田についていた女性マネジャーが織田の袖を引っ張り、織田は会釈してよけた。しかし、陣内は会釈の仕方が非礼だったと主張。「頭にきて。あいつなんだ」と思ったことを明かした。

 しかし、その後関係は改善。織田が陣内に会うと、織田は「おはようございます。今日はよろしくお願いします」と丁寧にあいさつ。男性マネジャーが陣内の前を突っ切った時も「失礼じゃないか」とわびたという。以来、陣内は「この人いい人だったんだ」と考えを改め、「世界陸上も織田くんじゃなきゃ見ない」と話した。

最終更新:9/29(木) 22:38

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]