ここから本文です

【ライブレポート】神宿、2周年でリキッドルームに神が宿る

BARKS 10/4(火) 11:46配信

“原宿発!の五人組アイドルユニット”神宿が、9月28日自身活動2周年を記念したワンマンライブ<神が宿る場所~2周年!夢の扉をこじ開けるまで~>を恵比寿リキッドルームで開催した。

◆神宿画像

チケットソールドアウトとなった会場には1,000人の舁夫(かきふ:神宿ファン)が集結、自己紹介ソング「KMYD」から始まったパフォーマンスは、ライブ人気曲の「ビ・ビ・ビ?」、「はじまりの鐘を鳴らせ」で一気に会場のボルテージがあがっていく。活動初期からの人気曲「あの娘にばれるような…」や「ぱらしゅ~と☆らぶ」では活動2周年の歴史を感じさせ、「限界突破フィロソフィ」「憎しみという名の贈り物はあげない」などの新曲で神宿の音楽の幅広さを伝えていく。

初披露となった新曲「カムチャッカ・アドベンチャー」では、“wow wow wo wow wow wow wo”という合いの手で、早くも楽曲の一体感が生まれていく。その後ライブは後半戦となり「必殺!超神宿旋風」「全開!神宿ワールド」「Summer Dream」「原宿戦隊!神宿レンジャー」とライブ超盛り上げ曲を連発させて本編の幕を閉じた。アンコールではスクリーンに12月28日Zepp Diver City TOKYOでのワンマンライブの開催決定が映し出され、再び登場したメンバーから以下のコメントが告げられ、新曲「ミライノウタ」を披露、再び「KMYD」で全てのパフォーマンスを終えた。

「Zepp Diver City TOKYOでのワンマンライブは凄くチャレンジな事。皆様への感謝を忘れずにしていきたい。これからも輝く未来へ一緒に昇りつめていきましょう!」──一ノ瀬みか

「私たちはゼロからのスタートだった。今年は大きなステージに沢山立つことが出来て、嬉しかったけども、その分辛いことも沢山あった。どうしたら神宿の事を伝える事が出来るかという事を凄く悩み、自分と戦った1年だった。それでもここまで来れたのは舁夫さんとメンバーとスタッフ、家族のおかげがあり、今頑張れている。Zeppは大きなステージで不安だけど、また付いて行きたいと思ってもらえるように残りの3か月頑張っていきたい。」──羽島めい

「今日の2周年ライブはとても緊張したけど、舁夫さんみんなの顔を見ていたら凄く楽しくライブが出来た。Zepp Diver City TOKYOでのワンマンライブも、今の神宿なら必ず成功できる。この3ヶ月で成長して、Zeppでは成長した姿を見せたい。」──羽島みき

「この2年間色々あったけど、この5人で喜び合うことができて楽しい二年間だった。この先も、この5人とならどこまででも頑張る事が出来る。これからもずっと神宿についてきてほしい。」──関口なほ

「2年間活動している中で、馬鹿にされる事もあったり、辛い事も沢山あったけど、メンバー5人と舁夫さんがいたから、神宿に自分の居場所があった。Zeppも最高のステージにする。これからもずっと付いてきてください。」──小山ひな

神宿2周年記念ライブ<神が宿る場所~2周年!夢の扉をこじ開けるまで~>
2016年9月28日@恵比寿リキッドルーム
0.SE
1.KMYD
2.ビ・ビ・ビ?
3.はじまりの鐘を鳴らせ
MC
4.あの娘にばれるような・・・
5.ぱらしゅ~と☆らぶ
6.限界突破フィロソフィ
MC
7.情熱は足りているか?
8.憎しみという名の贈り物はあげない
9.僕らは愛を信じている
MC
10.カムチャッカ・アドベンチャー※12月6日発売ニューシングル曲
MC
11.必殺!超神宿旋風

最終更新:10/4(火) 11:46

BARKS

なぜ今? 首相主導の働き方改革