ここから本文です

暗黒エンターテイメント劇団廻天百眼、劇場本公演『冥婚ゲシュタルト』より「カゴメカムゲノム」のMVを公開

BARKS 9/30(金) 12:05配信

現代アングラ劇の最先端との呼び声の高い、虚飾集団廻天百眼の人気舞台『冥婚ゲシュタルト』。その楽曲を収録したサウンドトラックが10月5日(水)に、DVDが10月26日(日)にリリースされる。それに先駆けて、劇中歌『カゴメカムゲノム』のMV(https://youtu.be/N7oO9NBL0oE)が公開された。

同曲は、日本の土着的な空気とヒステリックなバンド演奏の上に郷愁を誘う合唱を加え、終盤に向かうにつれて2本のメロディーが複雑に交差していくという廻天百眼らしい一曲。

MVでは舞台と同様、主宰の石井飛鳥が演出を全面担当。曲を逆回しでかけながらパフォーマンスしたものを逆再生で採用し、奇抜な世界観を生み出している。

『冥婚ゲシュタルト』は、意志を持ったラブドールとの結婚を題材に、それに反対する人々、利用する人々を通して、自由とは何か、人とは何かを描く、近未来サイエンスフィクション。重厚なテーマを扱う中、血の噴出や拷問シーンなどのエログロ描写を多用し、現代アングラの最先端との呼び声が高い。

11月4日(金)には渋谷チェルシーホテルにてサウンドトラックとDVDの発売を記念したライブ『未来のアーク』の開催が予定されている。

虚飾集団廻天百眼(きょしょくしゅうだんかいてんひゃくめ)は、丸尾末弘の『少女椿』の舞台化や、寺山修司の『奴婢訓』の上演、岸田理生アヴァンギャルドフェスティバルへの出演など、現代アングラ劇の第一線で活躍している劇団。舞台はロックとプログレに日本の土着的旋律を加えた合唱曲を中心とした音楽劇で構成され、ライブイベントにも出演している。主宰は脚本演出も担当している石井飛鳥、看板女優は紅日毬子。

リリース情報
10月5日(水)
舞台『冥婚ゲシュタルト』サウンドトラック 発売
RONA-1002 / 2,800円 + 税 / ROMANATION

10月26日(水)
舞台『冥婚ゲシュタルト』2016公演DVD 発売
100ME-1016 / 4,000円 + 税/ ツキヨミプロジェクト

ライブ・イベント情報
11月4日(金)
ライブ 冥婚ゲシュタルト 円盤発売祭『未来のアーク』
渋谷チェルシーホテル
前売券 3500円

最終更新:9/30(金) 12:05

BARKS