ここから本文です

【MLB】マリナーズ、打線爆発でPO進出へ望みつなげる

ISM 9/29(木) 11:53配信

 現地28日、シアトル・マリナーズは敵地でヒューストン・アストロズと対戦し、12対4で快勝。これにより、今季の成績を84勝74敗とし、ア・リーグのワイルドカード争いでプレーオフ進出圏内から2.0ゲーム差のままとなっている。

 マリナーズは初回、ロビンソン・カノ二塁手の36号3ランで先制すると、2回にも青木宣親外野手らがタイムリーヒットを放ち、さらに3点を追加。7対4と点差をつめられて迎えた7回には、リオニス・マーティン外野手、マイク・ズニーノ捕手の連続タイムリーで2点を挙げてアストロズを再び突き放した。

 この日、先制の3ランを放ったカノは、「先発ピッチャーを援護してあげたいなら、早めに点を取り相手チームにプレッシャーをかけないとね」とコメントし、「今日はそれができていた」と序盤の攻撃を振り返っていた。

 なお、青木はこの試合に1番レフトで先発出場し、3打数2安打、1打点、1四球、2得点の成績。6回の守備からベンチに下がった。(STATS-AP)

最終更新:9/29(木) 11:54

ISM

なぜ今? 首相主導の働き方改革