ここから本文です

はるな愛、親友・紀香の披露宴に触発 同せい中の彼へ猛アプローチ「結婚したい」

オリコン 9/29(木) 15:02配信

 タレントのはるな愛が29日、都内で行われたゼクシィ SPARK!『結婚式をスパークさせよう!』トークイベントにゲストとして出席。28日に開かれた歌舞伎俳優・片岡愛之助と女優・藤原紀香夫妻の結婚披露宴に参加したはるなは「すごい素敵だった。和装もいいな」と刺激を受けたことを明かし、現在交際中の21歳年下の一般男性(23)へ「私も結婚したーい! 来年したーい!」と猛アプローチした。

【写真】「私も結婚したーい!」猛アプローチするはるな愛

 白のウェディング風衣装で現れたはるなは「私自身(の人生)がスパークなので」と自虐気味にあいさつ。交際中の彼とすでに同せい中であることを認めたうえで「幸せです。結婚したいって気持ちが強くなった」とのろけまくった。

 親友・藤原紀香の披露宴を目の当たりにしたばかりとあってか、この日のはるなの口から出てくるのは、結婚へのあこがれ。「素晴らしいホテルでやると、やっぱりいいな」「和装とか、ちゃんとしたいですね」「見たことのない結婚式もしてみたい」「引き出物って大切ですよね。頑張らないと!」「テレビ中継も憧れ」などと夢を膨らませていた。

 新しい結婚式スタイルの発信をテーマに掲げるムック本「ゼクシィ SPARK!」の発行を記念して行われた同イベント。コメンテーターのデーブ・スペクターもゲストとして登場し、理想の結婚式について語り合ったはるなは「紅白結婚式をしたい。私、歌を歌いたいんですよ。お客さんも紅白(男女)に分かれて、芸の出し合いとかいたい」と提案。するとデーブが「(今年)年内なら、SMAP呼べるかも」と被せて、笑いを誘っていた。

最終更新:10/14(金) 21:51

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]