ここから本文です

【NBA】プレーオフ見据えるT.ルーHC、レブロンらのプレー時間管理を優先

ISM 9/29(木) 16:21配信

 監督として初めてレギュラーシーズン開幕を迎えるクリーブランド・キャバリアーズのタイロン・ルーHCは、長いシーズンを見据え、レブロン・ジェームズらのプレータイムを管理することが優先だと考えているようだ。

 これは米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のウェブサイトが報じたもので、ルーHCは、5日間で4戦といったハードスケジュールをこなすには、選手たちの体調管理が必要であることを理解しなくてはならないと話したようだ。また、“プレーオフがスタートするときに準備ができていることが大切”と語るなど、早くもポストシーズンを念頭に置いているという。

 チームの中心選手である31歳のレブロンは、昨シーズンのプレータイムが1試合平均35.6分間とキャリア最低を記録するも、NBAファイナル制覇を果たしたプレーオフでは平均39.1分間に増えた。同サイトは、レギュラーシーズンにレブロンの起用を1歩控えたことが、プレーオフでの活躍を2歩前進させたと見ている。

 レブロン本人は、“プレーをしたいという気持ちでは頑固な部分がある”と自身について語るも、ルーHCのように健康管理を手助けしてくれる監督はありがたいと感謝しているようだ。

 また、ルーHCはレブロンのプレータイムを制限していくことはもちろん、プレー時間が増加するプレーオフに備えて、カイリー・アービングやケビン・ラブなどの出場時間にも注意していく方針を示しているという。

最終更新:9/29(木) 16:21

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]