ここから本文です

假屋崎省吾、レギュラー共演の中居正広の近況明かす「もっと元気になった」

オリコン 9/29(木) 18:18配信

 華道家の假屋崎省吾氏が29日、東京・目黒雅叙園で行われた展覧会『第17回 假屋崎省吾の世界-千秋楽-』内覧会(10月1日~16日)に来場。年末をもって解散する人気グループ・SMAPの中居正広とTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(毎週金曜 後8:57)で共演しているが、「もう(共演して)16年になりますけど、あんなにすばらしい人はいない。思い出すだけで涙が出てくる気持ちになっちゃう…」と人柄をしみじみと語った。

【写真】匠の技が光る建築を堪能した假屋崎省吾氏

 続けて「中居さんは非常に才能にあふれて、気を遣う方で、いつも『假さん』って呼んでくれます。自分自身で完結される方なので、今回のことも相談とかは全くないです…」とコメント。解散発表後の『金スマ』収録の様子については「全く変わらないです。それどころか、もっともっと元気になっています。明るい話題の時は、中居さんが率先して冗談をおっしゃって、みんなを巻き込んでいますよ」と笑顔で明かした。

 また、金スマレギュラーのベッキーがきょう29日の日本経済新聞朝刊(全国版)に掲載された出版社・宝島社の広告で“背中ヌード”を披露したことについては「人生にはいろんなことがあって、一度や二度の失敗もありますよ」と激励。「まだまだ若いんですから、これからひと花もふた花も咲かせてほしいですね」と呼びかけていた。

 文化財「百段階段」を初めて一般に展覧会として開放した同展では、美しい日本画や匠の技が光る建築の数々に魅了された假屋崎氏が、文化財の新しい価値を生み出すことを目的に2000年から毎年秋に開催。17回目を迎えて累計来場者数100万人を突破し、自身の華道歴35周年も目前に控える今年、その歴史に幕を下ろす。

最終更新:9/29(木) 18:25

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]