ここから本文です

ハリポタ新シリーズ『ファンタビ』 大魔法が次々と放たれる最新予告公開

オリコン 9/29(木) 18:00配信

 大ヒットを記録した映画「ハリー・ポッター」の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(11月23日公開)の最新予告編が29日、解禁された。これまでのシリーズを上回るような大魔法の数々が放たれ、波乱の展開を想像させる映像になっている。

【動画】愛らしいニフラーも登場 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』予告編

 新主人公のおっちょこちょいで人見知りの魔法使いニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、動物といる方が気が楽な魔法動物(ビースト)学者。魔法動物は、かわいらしいもの、コミカルなものから魔法使いを襲う危険なものまでさまざまで、魔法使いたちからも恐れられ、駆除されそうにもなってきた。

 ニュートはそんな魔法動物たちを調べ、保護するために不思議なトランクの中を魔法動物でいっぱいにしてニューヨークを訪れるが、ひょんなことがきっかけで人間(マグル=米国ではノーマジ)のものと取り違えられてしまう。

 仲間になったティナ(キャサリン・ウォーターストン)とクイニー(アリソン・スドル)、人間のジェイコブ(ダン・フォグラー)とともに魔法動物を追跡し、やがて彼らは人間界と魔法界をまたにかけた、ある大事件に巻き込まれていく。

 最新予告編では、ニュートの不思議なトランクの中の世界が登場。そこでは無限に広がる空間で、ニュートの小さな相棒・木を護る魔法動物“ボウトラックル”をはじめ、巨大なライオンのような動物など、多くの魔法動物たちが暮らしていた。

 そんなトランクから逃げ出した、強大な力を持つサイに似た“エルンペント”の姿も初公開。また、行動を共にするにつれ、引かれ合っていくニュートとティナの関係も気になるところ。キラキラする物を収集する魔法動物“ニフラー”も何度か登場し、人気を集めそうな愛らしさを発揮している。

最終更新:9/30(金) 3:01

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]