ここから本文です

BABYMETALを主人公に、米メジャースタジオがアニメを制作

オリコン 9/29(木) 13:51配信

 メタルダンスユニット・BABYMETALが、米国のメジャースタジオの一つ、ワーナー・ブラザースのデジタルスタジオ「Blue Ribbon Content」によってアニメーション化されることが現地時間28日、ワーナー・ブラザースアニメーションとワーナーデジタルシリーズ部門のサム・レジスター代表取締役社長より発表された。

BABYMETAL東京ドーム公演のライブ写真

 実写とアニメーションを組み合わせたオリジナル短編作品として制作。SU-METAL、YUIMETAL、MOAMETALが力を合わせ、秘密のポータルを通ってアニメの世界へと入り込むという設定で、メンバーを新たに撮影した実写パフォーマンスも盛り込まれる予定。3 人がステージで見せるエネルギーをスクリーンに移し、視聴者をアクション・アドベンチャーの世界に引き込む作品になるという。

 BABYMETALは、今月19日、20日の2日間で3度目のワールドツアーの最終公演となる東京ドームでのワンマンライブを終えたばかり。11 月23 日には今年4月に行った、日本人アーティスト初の英ウェンブリーアリーナでのワンマンライブの模様を完全収録したBlu-ray&DVD『LIVE AT WEMBLEY ARENA』が発売。12月5日からは米ロックバンド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの5年ぶりとなるUKツアーにスペシャルゲストとして参加することも決定している。

最終更新:9/29(木) 18:53

オリコン