ここから本文です

桐谷健太、思い出の地で初アルバム秘話語る 「ライブしたい」発言も

オリコン 9/29(木) 16:51配信

 俳優で歌手の桐谷健太が28日、東京・二子玉川 蔦屋家電でこの日発売された初アルバム『香音-KANON-』の記念イベントを開催した。「今の事務所の社長、マネージャーと出会ったのが二子玉川。思い出の地でやれることがすごくうれしい」と喜んだ桐谷は「ファーストアルバムでベストアルバムと言えるので、いろんな人に聴いてほしい」と力を込めた。

【写真】表題曲を作曲した高校の同級生が祝福

 トークコーナーでは、作詞に初挑戦した表題曲「香音-KANON-」の制作秘話を語り、タイトルは直感で、2秒でつけたこと、詞はレコーディングの前日になってできたことなどを明かし、ファンを驚かせた。

 au三太郎シリーズのテレビCMでおなじみの「海の声」は、YouTubeで再生回数5600万回以上、配信は90万ダウンロードの大ヒットに。公園で幼稚園児に大熱唱されたことなど自身の体験を話しながら「みんなの歌になったのがうれしい」と笑顔をみせた。

 質問コーナーでは「ライブをやってほしい!」とファンから要望され、「ライブはしたいです。カバーなどもぜひやってみたい!」と意欲的。アルバム表題曲「香音-KANON-」を作曲した高校の同級生でサウンドクリエイターのPolar M氏が花束を持って登場するサプライズもあり、観客を沸かせていた。

 二子玉川の蔦屋家電では10月2日まで、1階の音楽売場に『香音-KANON-』コーナーを展開中。桐谷のコメント映像やMVが流され、本人による楽曲解説コメントやメッセージも掲示されている。

最終更新:9/29(木) 16:52

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]