ここから本文です

椎名桔平、オスカー俳優ジャレッド・レトと共演 海外長編映画『OUTSIDER』出演

オリコン 9/30(金) 5:00配信

 俳優の椎名桔平(52)が、海外長編映画『OUTSIDER(原題)』に出演することが29日、わかった。アメリカ人の主人公が、日本の任侠道に生きる男たちと出会い、その生き方に引かれていくというストーリー。『地雷と少年兵』(15年)で脚光を浴びた、デンマーク出身のマーチン・ピータ・サンフリト監督がメガホンをとり、主演は『ダラス・バイヤーズクラブ』(13年)でアカデミー賞助演男優賞を受賞したジャレッド・レト。椎名は主要登場人物のうちの一人を演じ、現在撮影を行っている。

【写真】主演のジャレッド・レト(右から2人目)

 1954年頃の関西を舞台にした同作は、ヒット作『ラストサムライ』(03年)の“任侠版”とも言える作品。米兵で、やがて任侠の世界へ踏み込んでいくニックをレトが演じ、浅野忠信がニックと“兄弟の契り”を交わすキヨシ役で出演。椎名はヤクザ組織の幹部・オロチを演じ、組の近代化を推進しようとするも、伝統を重んじる親分や兄弟分との対立を余儀なくされるという役どころだ。

 出演オファーがあった今年5月から「来る日も来る日も、この『OUTSIDER』のイメージを頭の中で描いてきました」という椎名は、「国内外のすばらしいスタッフ、キャストと共に、世界を魅了する映画を誕生させたいと思っています」と意気込み。

 海外映画への出演は、ハリウッドデビュー作となる『Darc(原題)』に続き2作目。単身カナダに渡り、日本人スタッフが誰一人いないなか撮影に臨んだ前作を振り返り、「戸惑うことも度々ありましたが、でもそれが逆に、武者修行のようにも感じられて、とても新鮮な経験となりました。今回はその経験を生かして、海外の方々とも、より濃厚なコミニュケーションの中で、この作品に挑んでいきたいと思ってます」と話している。

 マーチン・ピーター・サンフリフト監督は「桔平は、この映画のために私が自ら選んだ俳優の一人です」と明かし、「彼と仕事ができることを楽しみにしています」と期待。製作総指揮のケン・カオ氏は「信じられない程、厳しく、真正に、アウトサイダーに取りくんでくれています」、プロデューサーのジョン・リンソン氏は「映画『アウトレイジ』を観て、椎名さんは素晴らしい俳優だと感じました。それ以来彼のことが頭を離れず、この映画を作る際には必ず出演してほしいと願っていました」と、それぞれコメントを寄せた。

最終更新:9/30(金) 5:00

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]