ここから本文です

中谷美紀、黒ドレスで魅了 優雅な私生活明かす「常に四季折々の花を…」

オリコン 9/30(金) 11:00配信

 女優の中谷美紀(40)が26日、『The Unveiling of NIWAKA Fine Jewelry 美意識の継承』プレス内覧会に来場。背中の部分がざっくりと開いた黒のドレスに、雨上がりに輝く京の石畳をデザインした、同ブランドのジュエリー「京小路」をまとって登場すると「本当に細かい細工をされていて、立体的であり、自分自身を輝かせてくれるものだなと実感いたしました」と笑顔を見せた。

【全身ショット】シックな黒ドレスから”美背中”を披露した中谷美紀

 中谷は、日本文化への思いを聞かれると「長年、お茶の広告を務めさせていただいている関係もありまして、京都でお茶の会にお招きいただいたりすることがあって、日本の伝統文化には関心がありました」と告白。「日本は四季を感じることができるぜいたくな文化を持っていると思いますので、自宅には四季折々のお花を常に欠かさないようにはしています」と優雅な私生活について語った。

 若い頃はジュエリーを身に着けることに抵抗があったそうで、「おこがましくも自分自身が輝いているから必要ないと思っていました。しかし、年齢を重ねるに従って、今はジュエリーの輝きをお借りして、一緒に輝きたいなと思うようになりました」としみじみ。「これからは日本の女性も世界で活躍なさるシーンも増えると思いますので、世界の場で日本というものをアピールする時に、このジュエリーをつけてくだされば…」と呼びかけていた。

 内覧会では、米・ロサンゼルスで先行発表した日本未発表のジュエリー約70点を含む、同ブランドの数々のハイジュエリーが展示された。

最終更新:9/30(金) 11:00

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]