ここから本文です

【東京株式市場】日経平均反落でマザーズ上昇はボックス圏相場からの脱出サインか

投信1 9/29(木) 7:00配信

株式市場の振り返り-材料不足の中、配当落ち分を考慮すれば小幅下落

2016年9月28日(水)の主要指標 カッコ内は前日終値比

 ・日経平均株価 16,465円(▲218円、▲1.3%) 反落
 ・TOPIX 1,330.7(▲18.4、▲1.4%) 反落
 ・東証マザーズ総合指数 956.6(+11.4、+1.2%) 続伸
東証1部の出来高は16億4,382万株、売買代金は1兆8,211億円(概算)でした。材料不足の中、企業業績への注目度は高まったものの、様子見スタンスを打破するには至りませんでした。ただ、商いは前日より減少しましたが、極端な薄商いではありません。なお、日経平均株価の配当落ち分(約▲110円)を考慮すると、株価指数の下落は小幅に止まったと言えそうです。一方、東証マザーズの出来高は10,385万株、売買代金は995億円となる久々の活況となりました。なお、売買高が1億株超となったのは6月24日の英国EU離脱ショック時以来、約3ヶ月ぶりです。また、売買代金も高水準でした。

金融セクターが総崩れ、決算発表後のニトリHDは大幅上昇に

個別銘柄では、主力株が総じて下落となった中、ファナック <6954> 、日本電産 <6594> 、ブリヂストン <5108> などの上昇が目を引きました。決算発表後の株価動向が注目されたニトリホールディングス <9843> は大きく値を上げています。また、東芝 <6502> が年初来高値を更新する大幅上昇となりました。一方、三井住友フィナンシャルグループ <8316> や野村ホールディングス <8604> などの金融株が総崩れとなり、トヨタ自動車 <7203> やいすゞ自動車 <7202> など自動車株の下げも厳しくなりました。また、コマツ <6301> が3日続落となり、オリンパス <7733> も大きく値を下げています。

新興市場では、そーせいグループ <4565> やCYBERDYNE <7779> など時価総額の大きい銘柄が堅調な値動きとなり、前日に急落したアキュセラ <4589> も反発しました。また、串カツ田中 <3547> も小幅続伸となり、Gunosy <6047> は大きく値を上げて引けています。

1/2ページ

最終更新:9/29(木) 7:00

投信1

チャート

ファナック6954
20770円、前日比+540円 - 12/9(金) 15:00

チャート

日本電産6594
9859円、前日比-82円 - 12/9(金) 15:00

チャート

ブリヂストン5108
4253円、前日比+26円 - 12/9(金) 15:00

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。