ここから本文です

【インド】政府、映画産業を振興―ロケ誘致で

INDO WATCHER ビジネスプレミアム 9/29(木) 18:23配信 (有料記事)

 ベンカイア・ナイドゥ情報・放送相(都市開発相兼任)は9月27日、政府は映画産業を振興し、ロケ地としてインドを売り込むためにさまざまな策を講じていると述べた。同日付PTI通信が報じている。本文:1,013文字 この記事の続きをお読みいただくには、INDO WATCHER ビジネスプレミアムの購入が必要です。

  • 通常価格:
    378円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:9/29(木) 18:23

INDO WATCHER ビジネスプレミアム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。