ここから本文です

世界最大級「スタートアップ・ワールドカップ」日本予選レポート

SENSORS 9/29(木) 15:00配信

近年、多くのスタートアップ企業が世界中から生まれている。ただ、その反面優れたスタートアップ企業に投資家、VCが出会える機会はそう多くはない。その中で米国に拠点に置くFenox Venture Capitalが世界中の優れたアイディア、起業家、投資家をつなぐ場所として今回スタートアップ・ワールドカップを開催。今回は9月21日、東京で行われた日本予選の模様をレポートする。

右脳思考”と”左脳思考”の融合「テクニカルアーティスト」の仕事右脳思考”と”左脳思考”の融合「テクニカルアーティスト」の仕事

今回のスタートアップ・ワールドカップは世界16カ国で予選が行われ、各地域ごとに優勝1社が選出され、全16社が来年3月24日に米国サンフランシスコで行われる決勝に進めるという内容だ。
日本予選は世界でもインドネシア予選に続いて2国目となり、60社以上の応募の中から10社が日本予選ステージに駒を進めた。

また、日本予選の審査員には堀江貴文氏をはじめに経産省、起業家、投資家、リサーチャーと幅広いジャンルから8名が参加。この審査員達からの質問が一番スタートアップ企業にとって恐ろしいものはないだろうか。

今回のピッチ大会のスタイルとしては、まず30秒のPRビデオの上映、3分30秒のプレゼンテーション、そして1分30秒の質疑応答と計5分30秒で全てを出し切らないといけなく、短い時間にいかに落ち着いて伝えられるかが重要となる。
では、予選に駒を進めた10社をプレゼンテーションの順番に紹介したい。


AsMama
お母さんの子育てサポート「子育てシェア」を展開している。すでに全国にママサポーターというコミュニティーもできており、ママ同士が安心してお互いに助けられる仕組みを作り上げている。


Alpaca
フィンテックのスタートアップ企業として AI(人工知能)を使ったトレーディング・システムを提供している。すでに10,000以上ものアルゴリズムを生み出している。


Terra Drone
これまで電子バイク市場をアジアで拡大してきたTerra MotorsがTerra Droneとしてドローンビジネスに参入した企業だ。土木測量からB2Bの事業展開を目指しており、遠隔地から遠く離れたドローンを操作できるなど農薬散布などにも将来応用できるとのこと。


Triple W
以前、SNS上でも話題となった、排泄予知ウェアラブルデバイス「D Free」。介護施設や医療機関に注力しており、B2C展開も視野には入れているが現在はB2B展開をメインとしている。


FINC
ヘルスケアスタートアップとしてオンラインによるダイエットの家庭教師サービスを展開している。実際のジムだけでなく遺伝子検査や血液検査、生活習慣アンケートを元に個々に適した運動メニュー、食事メニューを提供している。

1/2ページ

最終更新:9/29(木) 15:00

SENSORS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]