ここから本文です

[UCL]ブンデスで無双のバイエルンをカラスコが粉砕 アトレティコ、カウンターから会心の一撃

theWORLD(ザ・ワールド) 9/29(木) 5:42配信

ベルギー代表の一撃で死闘を制す

UEFAチャンピオンズリーグ、グループステージ第2節が28日に行われ、グループDのアトレティコ・マドリードとバイエルン・ミュンヘンが対戦した。試合はアトレティコ・マドリードの本拠地ビセンテ・カルデロンで行われ、昨季シーズン準決勝の対戦カードがはやくも激突した。

序盤、アトレティコは高い位置からプレスをしかけ、ボールをつないで攻めるバイエルンを抑えこむ。アトレティコの守備網に苦戦するバイエルンはゴール前にクロスを送り込んで攻撃の糸口を見出そうとするも、ゴールをこじ開けられない。すると21分、アトレティコは左CKからFWフェルナンド・トーレスが右ポストを直撃するヘディングシュートを放ち決定機を迎えると、35分にはクリアボールのこぼれ球を拾ったショートカウンターからMFカススコが、強烈なシュートを決めて先制に成功する。

アトレティコが1点をリードして迎えた後半。バイエルンのアンチェロッティ監督はミュラーに代えてロッベンをピッチに送り出すなど、立て続けに選手を交代し試合の流れを引き寄せようとする。81分にはリベリ、ビダルとパスをつなぎ、ロッベンが強烈なシュートを放つもボールはポストの脇を抜けていった。対するアトレティコは84分、FWグリーズマンがPKをクロスバーに当てて失敗し追加点のチャンスを逃すも、PSV戦に続いて1-0で勝利を手にしている。バイエルンは今季、公式戦で無敗を続けていたが初めて黒星を喫した。

[メンバー]
アトレティコ・マドリード:オブラク、フアンフラン、ゴディン、サビッチ、フィリペ・ルイス、サウール、ガビ、コケ、カラスコ(→ガメイロ 72)、グリーズマン(→トーマス 90+2)、フェルナンド・トーレス(→ガイタン 79)

バイエルン・ミュンヘン:ノイアー、ラーム、ボアテング(→フンメルス 62)、ハビ・マルティネス、アラバ、ビダル、シャビ・アロンソ、チアゴ(→キミッヒ 66)、ミュラー(→ロッベン 59)、レヴァンドフスキ、リベリ

[スコア]
アトレティコ・マドリード 1-0 バイエルン・ミュンヘン

[得点者]
アトレティコ・マドリード:カラスコ(35)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9/29(木) 5:58

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報