ここから本文です

ムズムズしません 花粉を“巨大化”

日本農業新聞 9/29(木) 7:01配信

 稲などの植物の花粉を“巨大化”したユニークなグッズが登場する。商品名は「花粉マスコットストラップ」。東京都渋谷区のカプセル玩具メーカー、キタンクラブが作った。

 杉やヒノキなど、花粉症の患者が多いとされる6種の花粉を実物の約2000倍に拡大、立体化した。花粉の大きさは5センチほどでゴム製。電子顕微鏡で撮影した白黒写真を基に形を正確に再現したが、色だけは開発担当者が考えた。

 同社で広報を担当する、しきせいたさん(28)は「普段見えない花粉を手に取って楽しんでもらおうと考えた」と話す。

 値段は1個300円で、カプセルの中に花粉の飛散時期が分かるカレンダーも入れた。全国のカプセル自動販売機で30日に発売する。しきさんは「人気が出れば、他の種類の花粉も製品化したい」と話す。(富永健太郎)

日本農業新聞

最終更新:9/29(木) 7:17

日本農業新聞