ここから本文です

東尋坊、ポケモンGOで自殺者ゼロに 開発元「社会によい効果、大変うれしい」

BuzzFeed Japan 9/29(木) 7:00配信

「東尋坊、ポケモンGOやってる人多すぎwww」「ヤバい!初めて見るポケモンめっちゃ出てくるんだけど!」

【写真特集】世界各地でポケモンGOをやる人たちの写真

福井県の観光地・東尋坊。岩肌が海にせり出した景色が美しい名所だが、そのせり立った岸壁が自殺の名所として取り上げられることも多い。【BuzzFeed / 山崎春奈】

そんな東尋坊が今、「ポケモンGO」でレアポケモンが多く出る名所として話題を集めている。

リリースから2カ月経つが、県内外からポケモン目当ての訪問者は耐えない。“ポケモントレーナー”が昼夜問わず歩いていることが、自殺防止にもつながっているようだ。

地元の若者がとびだしてきた!

10年以上にわたり自殺防止パトロールを行っているNPO「心に響く文集・編集局」の茂幸雄さんは「ポケモンGO」効果を肌で感じている一人だ。

「毎年、8月は4~5人ほど保護していますが、今年はゼロでした。12年やってきてこんなことは初めて」

「場所の雰囲気も明らかに変わりました。常に人がいることは確実に抑止力になっていると思います」

最初に“異変”に気づいたのは、アプリリリース日の7月22日だった。普段は人影の少ない平日の東尋坊に数人の若者の姿があったことに驚いたという。

数日経っても人は減らず、むしろ徐々に増えていく。スマホを持つ彼らに声をかけると「ポケモンを取りにきた」という答えが。

SNSや口コミでじわじわと噂は広がり、大々的なPRをせずとも訪問者は増えていった。

これまで東尋坊の訪問者の8~9割は県外からだったが、ポケモンGOの登場で何度も訪れる地元の人が増えた。

リリース当初は高校生、大学生の若者が目についていたが、最近は40~50代の夫婦も目立つという。仕事帰りのサラリーマンなど、日没後に訪れる人も少なくない。

茂さんは季節を問わず、東尋坊の周辺をパトロールし、自殺を考えているように見える人に声をかける活動を行ってきた。しかし今、岩場に向かうまでの広場や遊歩道は、時間を問わずポケモンGOのプレイヤーで埋まっている。

人の目がある場所では当然思い切った行動はしにくく、確実に防止につながっている手応えがあるという。「あっちに○○(ポケモンの名前)がいますよ」など、集う人々のあいだでコミュニケーションも生まれているという。

「友達と連れ立って来たのかな? と声をかけたら初対面同士の2人だったことも。まったく知らない人同士でも楽しそうに会話をしているのに驚きます」

「このような活動をしている身としては、ポケモンを求めて人が来てくれることはあらゆる意味で大歓迎。できるだけ長く盛り上がりが続いてほしい」

「観光客の増加によるゴミの問題、売り上げにどうつなげるかなど、迎える側の言い分は些細なこと」

9月に入って保護した人は4人。これまでの保護のプロセスと違ったのは、彼らが岩場で発見されたのではなく、NPOが運営し、相談を受け付けている喫茶店に自らやってきたことだった。

「静かな場所で最後の時を、と思って訪れても、こんなにたくさん人がいてにぎやかだとね……。海の側まで行っても、何かしら思いとどまってくれるのではないでしょうか。みなさん一人ひとりの存在が自殺を防ぐゲートキーパーになっている」

東尋坊での年間自殺者数は31人(1999年)をピークに減少傾向にあり、2014年は7人、2015年は12人となっている。

茂さんは2016年は1ケタに戻ると見込んでいるが、要因の1つとしてポケモンGO効果は大きいという。

1/2ページ

最終更新:9/29(木) 7:00

BuzzFeed Japan

なぜ今? 首相主導の働き方改革